トップページ > 土木 > サポート >【更新】「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」への弊社土木系製品の対応について

サポート

更新日:2020年11月24日
2020年11月17日
掲載日:2020年10月21日
株式会社コンピュータシステム研究所

「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」への弊社土木系製品の対応について

Microsoft社より10月21日に公開されました「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」につきまして、弊社土木製品の対応状況を
お知らせいたします。


土木系製品

製品名 Windows 10 October 2020 Update (20H2)
[32・64bit]
土木積算システム
ATLUS REAL Evo / ATLUS REAL

Ver 2.6.0より対応
【現象2】が発生する場合があります。
「現象と対処方法について」を参考に対処してください。

労働安全衛生支援システム
Saviour Evo / Saviour Evo LT
Ver 1.1.7.0より対応
現場代理人専用原価管理システム
MARS Evo / MARS Second Edition
「MARS Evo」Ver 1.1.3.13より対応
「MARS Second Edition」Ver 1.2.20.0より対応
提出書類作成・文書管理
ドキュメント工房
Ver 1.5.9.0より対応
施工計画書作成支援パッケージ
E-HELIOS
Ver 1.5.8.0より対応
労働安全衛生支援システム
Saviour Second Edition / Saviour ExPress / Saviour Light2

Ver 3.0.17.0より対応
Ver 3.0.16.0をご利用のお客様は【現象1】が発生する場合があります。
「現象と対処方法について」を参考に対処してください。


現象と対処方法について

現象 対処方法
1 プロテクトキーのドライバーのバージョンによってブルースクリーンが発生する場合がある。

Windows10 20H2の環境ではプロテクトキー(HASP)ドライバーのアップデートが必要です。   
「Sentinel_LDK_Run-time_setup.zip」をダウンロードし、「プロテクトキーの更新手順」を参考に、ドライバーのバージョンを更新してください。

2 新しいMicrosoft IMEを使用した際にフリーズする場合がある。

「Microsoft IMEの設定手順」を参考に設定を変更してください。