トップページ > その他 > 3D画像解析システム Argos Saviour > 神社仏閣向けご提案

3D画像解析システム Argos Saviour

神社仏閣向け 画像解析ソリューション

3D画像解析「神社仏閣 山門不審者検知システム」

最新の3D解析技術による高精度検知で、山門や出入口の不審者の侵入を正確に検知します。
侵入者を検知すると同時に回転灯や音声で自動警告し、同時に責任者のスマートフォンに通知。
不審者の犯行前に即座に対応できます。
検知前後10秒を録画し、侵入時の状況を確認できるので犯人も簡単に特定できます。

山門に3Dカメラを設置し、システム上で仮想の防犯柵
(バーチャルセキュリティフェンス)を設定

バーチャルセキュリティフェンス

システム上に仮想の防犯柵(バーチャルセキュリティフェンス)を設定し、接触すると検知しカメラ内蔵のスピーカーから威嚇音を発生します。

※本動画ではデモ用としてバーチャルセキュリティフェンスを可視化していますが、実システムでは表示されません。

神社仏閣向け 画像解析ソリューション

当社の特徴ある画像解析技術の数々の機能で、神社仏閣の境内・建物内のセキュリティを支援します。

バーチャルセキュリティライン機能

システム上に仮想の防犯ライン(バーチャルセキュリティライン)を設定し、接触または超えると検知しアラートを発報します。
広い範囲のセキュリティが可能となります。

3D解析技術で境内に出入りした人を数える
3D人数カウントシステム

山門や外部の方の出入口に3Dカメラを設置し、3D画像解析で出入りする人数をカウント

ピープルカウンター機能

3Dピープルカウンター機能は、映像領域にラインを引く事でイン、アウト、片側の人数のカウントが可能です。

お問い合わせ先

アルゴスセーバー担当 03-6457-4741 9:00~18:00 (土、日、祝・祭日を除く)