トップページ > その他 > 西武鉄道の「3D画像解析踏切監視システム」の導入試験に参加

新着情報

2021年11月18日
株式会社コンピュータシステム研究所

コンピュータシステム研究所、
西武鉄道の安全対策として「3D画像解析踏切監視システム」の導入試験に参加

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役:長尾 良幸、以下:CST)は、踏切事故を未然に防ぐ「3D画像解析踏切監視システム」を開発し、西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:喜多村 樹美男、以下:西武鉄道)が踏切の安全対策として本年12月より実施する導入試験に参加いたします。

近年、高齢者や交通弱者への支援の必要性が高まる中、特に、踏切道における歩行者の死亡事故に対して対策が求められています。西武鉄道では、このような事故を未然に防ぐシステムを2018年より検証し、この度、安定した検知能力が確認できたため、特殊信号発光機と連動する実証実験に取り掛かります。

3D画像解析踏切監視システムの概要

踏切内に取り残された人を3Dカメラを用いた高精度3D画像解析システムで検知し、特殊信号発光機を自動で動作させ、列車の運転士に踏切に異常があることを知らせるシステムです。

3D画像解析踏切監視システム

3D画像解析による高精度の検知

2つのレンズを内蔵した3Dカメラによる画像解析で高精度の検知を実現。左・右カメラの視差により、人の目と同じように距離・高さ、ボリュームを認識します。犬・猫等の小動物・低草木・車のヘッドライト等を誤検知しません。

夜間・屋外の使用に強い

自然環境に左右されない安定した認識を実現。雨・風・雪・日差し・影等の自然環境の影響を受けません。

特殊信号発光機へアラートを通知

遮断かん降下後、踏切内の人物・車両などを検知すると、特殊信号発光機へアラートを発信。同時に事務室のモニターへも通知が届き、異常検知時の録画映像やライブ映像を確認できます。

導入試験概要

試験期間 2021年12月21日(火)~2022年3月31日(木)
設置箇所 新宿線井荻第2号踏切(東京都杉並区上井草1-33-1)

参考

関連リンク

お問い合わせ先

株式会社コンピュータシステム研究所 イノベーション事業部 AGS営業部

東京都新宿区四谷三栄町6-1

電話 03-6457-4741 FAX 03-6457-4742