常にニーズのあるソフトを提供するオモシロさ

建設業は「土木」と「建築」に大きく区分されます。土木は、道路や河川や橋、水道などの生活するために必要なインフラ整備する公共工事です。建築は、住宅・学校・病院などの建物を建築する工事です。私達CSTは、「土木」と「建築」工事に役立つソフトを提供しています。
常に新しく魅力的なソフトウェアやソリューションを社会に提供できる面白さが、私たちの業務の醍醐味と言えます。

土木関連事業

土木積算のスタンダード システム「ATLUS」シリーズや、現場の安全管理をトータルサポートする 労働安全衛生支援システム「Saviour」シリーズ等、土木に関するソフトウェアやソリューションを開発・提供しています。

建築関連事業

新築・リフォーム営業の成約率を高める為の住宅プレゼンシステム「ALTA」や、住宅VRシステム「ALTA VR」シリーズ住宅設計3次元CADシステム「ALTA SS」等、建築に関するソフトウェアやソリューションを開発・提供しています。

はたらく環境

自社で開発・販売・保守を全て行う責任

当社製品は自社で開発しており、お客様のご要望や現状について丁寧にヒアリングし、ニーズに応じた製品をご提案できます。また、開発はもちろんのこと、保守や点検などお客様に対するアフターサポートにも重点を置いているため、常にお客様が抱える課題や改善点をきちんと把握しているのが強みです。
開発職はサポート職から「お客様は、どんな製品がなぜ必要?どんな背景で、メリットは何?」という情報を得ることで、お客様にとって満足感の高いソフト開発を実現しています。
社内外で綿密なコミュニケーションを取っているからこそ、お客様の要望をきちんとヒアリングし、改善へつなげていくことができるのです。

一人ひとりの成長が大切

業務知識を習得する機会が多くあり、社員の成長をサポートする環境が整っています。
皆さん一人ひとりの成長に合わせ、上司・先輩が親切にレクチャーします。分からない事は気軽に質問できる環境ですから、しっかりと知識を吸収できます。
社内外におけるコミュニケーションを大切にしています。それは、お客様からのニーズを真摯に受け止め、対応する力が当社の強みだという自信があるからです。だからこそ、お客様の声を共有できるよう社員同士のコミュニケーションを重視し、不安なことや分からないことなど一人で抱え込まない、風通しの良い「アットホーム」な雰囲気を大切にしております。それが当社の高い技術力を支える土壌です。

オフィス風景

Office

各採用のエントリーはこちら

採用エントリー