お客様に喜んでいただける機能をアップデート

土木開発本部 開発職鈴木 大輔

CSTを選んだ「理由」と「印象」

縁があり中途採用で入社しました。
「プログラムを組むこと」と「人の役に立つ仕事がしたい」という思いはありましたが、土木建築という生活とも密着する業種で仕事ができることに魅力を感じました。
また、全国に何カ所かある開発拠点のひとつが仙台にあり、地元で働きたいという希望ともマッチしました。

風通しが良いのが印象です。
堅苦しい雰囲気はないので、些細なことでも相談し合えるし自分の考えを聞いてもらえる環境です。
その一方で仕事に対する意識は高く、外部の研修にも参加できたり資格などのスキルアップを支援する制度があります。 自分のやる気次第で武器を増やせるのも魅力です。

お客様の声を元に、より良い製品をつくる

「担当業務」と一番「印象に残った出来事」

土木建築業界向けパッケージソフトウェアの開発を担当しています。
私が携わっているソフトは、工事を受注する際にどれ位の予算で行うのか、膨大なデータを元に算出する手続きを簡単な操作で実現するものです。
お客様の声を元に、より良い製品づくりを目指しています。

今まで、一番印象に残ったことは、製品をアップデートしていく中で、私の担当した設計に問題があり大きな失敗をしてしまったことがあります。その時にチームメンバーだけではなく他部署のメンバーにも助けてもらい立て直すことができました。
失敗はしないに越したことはないものですが、そういった時に助け合える心強さがあります。

業務上の「心掛け」と「やりがい」

製品はお客様に使ってもらえて初めて価値のあるものですので、実際に使われるイメージを想像することが大切です。それに加えて、設計時には要望のもう一歩先を考え工夫することに気を付けています。
お客様にご満足いただけるように機能をアップデートしていくことが主な仕事になりますが、一人では実現できないことでもチームなら解決できることは多くあります。そうした難題をクリアしていくことには大きなやりがいであり、開発の楽しさでもあります。
自分が作った機能をお客様に使っていただき、感想がいただけると役に立っている実感もありうれしくなります。

「今後の目標」と「応募者へのメッセージ」

本を読んだり、新しいWebサービスを試してみるのが大好きなので、そういった知識とこれまでの仕事の経験から、仕事が楽になる仕組みを作り、楽しみながら会社に貢献することが目標です。

学生時代に勉強してきたことが仕事で直接役に立つことは実はそれほどありません。どの会社に入っても新しいことを覚えて勉強は続きます。
自分の経験から業界を狭める必要はありませんので、色々な業界を見て考えて会社を選んでください。
自分で考える余地がどんどん大きくなっていくのが仕事の面白いところです。
就職活動はその一歩目だと思います。

各採用のエントリーはこちら

採用エントリー