トップページ > 土木 > サポート > 新元号に伴う弊社土木製品の対応について

サポート

2019年04月15日
株式会社コンピュータシステム研究所

新元号に伴う弊社土木製品の対応について

2019年5月1日より、新元号が施行され「平成」から「令和」へと改元されます。
弊社対象製品への影響と対応状況についてお知らせいたします。

※対応時期は前後する場合があります。随時こちらのページでご報告させていただきます。



対象製品

製品名 影響箇所 対応状況
土木積算システム
ATLUS REAL Evo
ATLUS REAL
システム本体 Windows Updateにて対応 ※1
印刷プレビュー 2019年5月末予定 ※2
設計書取込(CDC) 順次対応(2019年5月末完了予定)※3
出力帳票 順次対応 ※2
指定様式 2019年5月中予定 ※4
労働安全衛生支援システム
Saviour Evo
Saviour Evo LT
出力帳票 2019年5月中予定 ※4
提出書類作成・文書管理
ドキュメント工房
システム本体 Windows Updateにて対応 ※1
帳票データ 順次対応 ※5
施工計画書作成支援パッケージ
E-HELIOS
システム本体 Windows Updateにて対応 ※1
帳票データ 順次対応 ※5
CO2排出量シミュレーション システム本体 Windows Updateにて対応 ※1
現場代理人専用 原価管理システム
MARS Second Edition
システム本体 対応予定有
出力帳票 順次対応 ※4
労働安全衛生支援システム
Saviour Second Edition
Saviour ExPress
Saviour Light2
出力帳票 2019年5月中予定※4

※1 お客様ご利用のパソコンでMicrosoft社の新元号対応更新プログラム(Windows Update)を適用していただく必要があります。
  ■新元号対応更新プログラムについての詳細は以下よりご確認ください

※2 対応完了まで、EXCEL出力後にお客様による元号の入力変更をお願いいたします。
※3 対応完了まで、カレンダーからの日付選択をお願いいたします。
※4 対応完了まで、WORD、EXCEL形式の帳票へ出力後、お客様による元号の入力変更をお願いいたします。
※5 各自治体の書式変更後の改訂となります。