トップページ > 土木 > 製品・サービス > MARS Second Edition

原価管理システム MARS Second Edition

利益管理の総合戦略ツール

「MARS Second Edition(マルス セカンド エディション)」は、現場代理人の声と運用実績から得た独自のノウハウを形にした実行予算・原価管理システム。
原価を緻密に計り、改善点を探り、得られた結果を次に活かしていく管理サイクルを無理なく実現できる機能を搭載し、総合評価方式の時代に精度の高いコスト管理体制を実現します。

「段取り八分」のノウハウをシステム化

仕事を始める前に段取りがきちんと出来ていれば仕事は上手くいく。
建設業界では、常に「段取り八分」が意識され基本中の基本として学び受け継がれてきました。
今の時代、より多くの利益を残すために、実行予算・原価管理における「段取り八分」の重要性を再認識し、そのセオリーとノウハウをシステムとして構築しました。

予算工程

予算作りは、まさに「段取り八分」のはじめの一歩になる作業です。
予算の出来不出来が、工事の出来不出来に直接関わると言っても過言ではありません。

MARSでは、この予算作りをより正確でスピーディーにできる機能を搭載しています。

さらに詳しく

目標設定

予算上で目標利益を確保しても、実現できなければ意味がありません。
施工段階で目標どおりに作業を進めるにも「段取り」が重要です。

MARSでは予算で作成した工程を短期間に分割。 その期間に「行うべき工種」「施工数量」「必要な投入資源」を抽出し、素早く段取りがおこなえますので、作業員に対し明白な作業内容と目標出来高を伝えられます。

さらに詳しく

出来高日報

出来高日報とは作業の出来高と投入資源量の入力です。

実際に「どの作業がどのくらい出来て、それに関わる費用はどのくらい掛かったのか」を入力するわけですが、この入力のしやすさが原価管理システムの運用を左右すると言っても過言ではありません。

MARSでは簡単・的確に作業実績を入力できる機能を搭載しています。

さらに詳しく

「MARS Second Edition」はこのような悩みを解決します。

現場の「原価意識」を向上したい。

各現場代理人が担当工事の「原価状況」を常に把握して欲しい。

実行予算の作成をより早く、より正確に作成したい。

自社、外注労務の出面を簡単に確認したい。

取引先毎の入荷状況を工事毎に簡単に確認したい。

請求書のチェックを現場代理人の報告書でスムーズにチェックしたい。

今は要素毎の管理が精一杯だが、将来的には工種毎に管理し、競争入札時代へのバックデータを作りたい。

自社施行能力を把握し、自社歩掛を構築したい。

より正確に未成工事の最終原価を把握し、利益見通しを立てたい。