トップページ > 土木 > 製品・サービス > MARS Evo

現場の利益を把握する原価管理システム MARS Evo(マルス エボ)

原価管理システム「MARS Evo」

「日報」を入力するだけで出来高進捗・原価状況がわかる

忙しい現場代理人や工事部長の負担を軽減

現場代理人が入力した作業日報から原価情報等をリアルタイムに集計し、クラウド経由で工事部長や経営者が現場毎の現時点の出来高進捗・原価状況を把握する事ができます。 日々忙しい現場代理人や工事部長・経営者の負担を大きく軽減します。

日報を入力するだけで出来高進捗・原価状況がわかる

現場の「利益状況」を迅速に把握できる原価管理システム

現場の現在の原価状況を見える化

「MARS Evo(マルス エボ)」は、実行予算作成・工程管理・日報管理・出来高管理・利益予想を簡単に行える原価管理システムです。
現場を見える化し、今現在の「利益状況」をスピーディーに把握する事ができます。

実行予算、日報管理、出来高管理、利益予想

「MARS Evo」の活用シーン

「現場代理人」は、実行予算の作成や現場から日報・出来高の入力を行い、「工事部長や経営者」は、社内や外出先で現場毎の進捗や原価状況を確認できます。

「MARS Evo」の主な特徴

「マスターレス」だから即運用が可能

マスターを準備する必要はありません

「MARS Evo」は、一般的な原価管理システムでは必要な単価・歩掛等のマスター登録が不要です。

膨大な時間と手間のかかるマスターを準備することなく、実行予算の作成が行えますので、導入からスムーズに運用を開始できます。

マスターの準備は不要

日報・出来高の入力は驚くほど簡単

日報から原価情報をリアルタイムに集計

投入資源量の入力は工種毎や工事全体等、様々な入力スタイルに対応していますので、自社の入力ルールを変更せずにご利用可能です。

また、作業量がわかりにくい工種は、進捗状況(%等)を入力するだけ。 毎日、出来高を入力する必要はありません。

入力した作業日報から原価情報等をリアルタイムに集計し、現場毎の現時点の進捗・原価状況を把握する事ができます。

スマートフォン入力に対応

クラウドで安心・便利にデータ共有

いつでもどこでも進捗や原価状況を確認

「MARS Evo」で入力したデータは自動でクラウドに保存されますので、安心・便利にデータの共有と一元管理が行え、作業効率が向上します。

これまで会社に戻ってから行っていた日報入力や進捗・原価状況の確認作業がどこでも行えるようになります。

現場への直行・直帰が可能となり、日々忙しい現場代理人の負担を大きく軽減します。

クラウド運用で情報共有・一元管理

「MARS Evo」の導入効果

利益確保

利益を確保

ムダなコストを削減

現場の現在の原価状況を正確に把握する事で無駄なコストを削減し、しっかりと利益を確保。

トラブル防止

トラブルを未然に防止

問題を早期に発見

現場を見える化する事で問題を早期発見し、トラブルを未然に防止。

働き方改革

建設現場の働き方改革

現場代理人の負荷を軽減

入力や閲覧はスマホでどこからでも可能ですので、働き方改革の対策にも最適。