BIM/CIM総合コミュニケーションツール ARK BASE

BIM/CIM総合コミュニケーションツール
ARK BASE

Scroll
BIM/CIM
関連製品のお問合せは
こちら
3Dモデル作成からBIM/CIMデータの管理まで ARK BASE

BIM/CIM総合コミュニケーションツール

BIM/CIM総合コミュニケーションツール ARK BASE

ARK BASE(旧:BIM/CIM Ark Series)

「ARK BASE(旧:BIM/CIM Ark Series)」は、既存のCADに依存せず、IFC/DWG/OBJデータなどと連携し3Dモデルのマネージメントやレビューに使用できる「建築・土木の3Dモデル総合コミュニケーションツール」です。

BIM/CIMデータの伝達・納品・管理

3Dモデルの閲覧からBIM/CIMデータの伝達・納品・管理まで

IFC・DWG・OBJファイルの取り込み、BIM/CIMモデルの作成、レビューや納品ツールとしての活用、属性管理まで可能な「BIM/CIM総合コミュニケーションツール」です。

また、Autodesk Revitのアドインツール(別売)を使用すると、RevitのデータをARK BASE用のデータに変換することができます。

  1. 統合モデル
  2. レビュー
  3. 4Dシミュレーション
  4. 属性管理
  5. Revit連携

ARK BASEの特徴

BIM/CIM統合モデルを作成
POINT 01

複数ファイルから統合モデルを作成

複数のIFC・DWG・OBJデータから統合モデルを作成し、部材ごとに表示/非表示、色、透過率をコントロール。

寸法の確認や任意の位置での3Dモデルの断面表示が可能です。

プロジェクトレビュー
POINT 02

プロジェクトレビューや納品に利用

現在のモデル表示を“シーン”として登録し、その“シーン”にコメント(朱書き)が追加できます。

また、それらを“EXEパック出力”すると、実行形式のファイル(EXEファイル)が作成され、CADがインストールされていないPCでも3Dモデルの表示、登録されたシーンやコメントの閲覧が可能です。

プロジェクトの属性管理
POINT 03

プロジェクトの属性管理

4Dシミュレーションの作成や、属性情報や属性項目の表示・追加・編集が行え、ExcelやCSV形式で出力することで、2次活用も可能。

また、点群データをそのまま取り込み他のデータと統合することやモデルのないところにピンを配置して情報を入力することができます。

主な機能

色付け/半透明表示

半透明で内部構造を確認

IfcClass(部材)ごとに表示/非表示、色、透過率をコントロールできます。もちろん部品個別の設定も可能です。

また、マネジメントツールとして、点群データをそのまま取り込み他のデータと統合することや、モデルのないところにピンを配置して情報を入力することができます。

色付け/半透明表示

断面表示

複雑なデータを簡単ビューイング

3Dモデルを任意の位置で切り出し断面を表示することで、複雑なデータも簡単にビューイングできます。

  • 断面表示(水平)
  • 断面表示(垂直)

寸法チェック

3Dモデル上で距離・寸法を確認

3Dモデル上で寸法を確認することができます。 計測した数値はアノテーションとしてシーンに保存することができます。

  • 平行面間の距離計測

    平行面間の距離計測

  • 2点間の距離計測

    2点間の距離計測

シーンの登録

登録したシーンをいつでも表示

現在のモデル表示を「シーン」として記録します。 カメラの位置だけではなく断面表示や朱書き、コメントの情報も保存されます。

  • シーンの登録
  • 登録したシーンへ移動

    登録したシーンへワンタッチで移動

アノテーション

シーンにコメント等を追加

表示されているシーンに朱書きやコメントを記載します。

コミュニケーションツールとして連絡シートを作成することもできます。

アノテーション

連絡シートの作成

Excelデータで書き出し

現在のモデル表示をクリップボードにコピーし、その画像が貼り付けられたExcelのシートが作成できます。

連絡シートとしての活用が可能です。

連絡シート

EXEパック出力

簡単・便利に情報共有

シーン情報を含んだデータを実行可能形式で出力します。作成した1つのファイルを渡すだけで簡単に情報を共有できます。

4Dシミュレーション

管理の品質と精度を向上

時間軸を設定することで4Dシミュレーションを動画で確認できます。 建物全体のライフサイクル管理の品質と精度を向上させます。

  • 4Dシミュレーション(step1)
  • 4Dシミュレーション(step2)
  • 4Dシミュレーション(step3)

属性設定・集計

Excel出力で二次活用も可能

選択した要素の属性情報の表示・編集および属性項目の追加・編集も可能です。

Excel形式で出力することで二次活用ができます。

属性情報の付与