トップページ > 土木 > 製品・サービス > MARS Evo > クラウド運用

原価管理システム MARS Second Edition

クラウド運用

いつでもどこでも入力・閲覧が可能

クラウド活用でデータを共有

「MARS Evo」はクラウドの活用により、事務所や現場・外出先等、場所に縛られることなく、いつでも・どこでもデータの入力・閲覧が可能です。

※クラウドを利用せず、個人が単独に自身のPCのみで完結する「単独運用」も可能です。

クラウドでデータ共有

「オフライン時」でも作業が行えます。

ネット環境がない現場でも利用可能

ローカルのPCで編集した内容は、自動的にクラウドにも保存されます。

「オフライン環境」の場合は、次回「オンライン環境」でログインした時点で同期されますので、建設現場等のインターネットがない環境でも作業が行えます。

オンライン時に自動で同期

安心・便利な工事データの共有

工事毎に「公開・非公開」を設定可能

作成した工事データは自動的にクラウドにも保存され、利用者と共有が可能です。

工事データ毎に「公開・非公開」を設定する事ができますので、もし他の利用者と共有しない場合は、「非公開」に設定する事で、他の利用者は入力・閲覧・他工事参照が行えなくなります。

工事データごとに公開・非公開を設定
工事データの
入力・閲覧
実行予算・出来高日報・今後支払予想の入力・閲覧が行えます。
工事データの
他工事参照
他工事の実行予算・日報データを部分的に参照し、活用できます。

ご利用方法にあわせた権限設定

利用者の操作権限を設定可能

「MARS Evo」はご利用方法にあわせて、利用者の操作権限を設定する事ができます。
「管理者権限」は、全機能を利用できます。(推奨対象者:経営者・工事部長・事務の方)
「一般権限」は、マスタメンテナンスや全工事対象の帳票出力を利用できません。(推奨対象者:現場代理人)

機能 【一般権限】

推奨対象者:現場代理人
【管理者権限】

推奨対象者:経営者、工事部長
実行予算の作成
出来高日報入力
会社全体の管理資料閲覧 ×
共通マスタ―の設定 ×