トップページ > 建築 > サポート > KIZUKURI > KIZUKURI2×4 システムダウンロード

KIZUKURI サポートサイト

「KIZUKURI2×4」システムダウンロード

「KIZUKURI 2×4」システムダウンロード

はじめにお読みください pdfKIZUKURI 使用許諾
更新日 システム インストール手順 備考
2019年
12月10日
pdfVer5.50 r09(差分) Ver5.50r07インストールされている環境で実行して下さい。 Ver5.50r07をお使いの方向けです。
2019年
10月1日
pdfVer5.50 r07(完全版) pdfインストール手順
プログラムの実行には シリアル番号と"1"で始まる認証番号が必要です。

KIZUKURI 2x4「Ver4.70」のサポートは終了しました。
「Ver5.00」は、2019年9月末で終了しました。

修正内容

更新日 バージョン 修正内容
2019年
12月10日
Ver5.50 r09 1)まぐさ、梁の検定で直交方向の壁からの加力が在る場合、
 直交方向→加力
 直交方向←加力
のみの出力としていましたが、 横架材と同一方向の加力も追加しました。

2)参考図書を追加
"2018年 枠組壁工法建築物設計の手引"
"2018年 枠組壁工法建築物構造計算指針"
2019年
10月1日
Ver5.50 r07 1)床を種類別に塗りつぶす場合、床名称が正しくない場合があるのを修正しました。

2)「3.5.1. 梁の設計(一覧)」で TJIのせん断検定比が正しくないのを修正しました。
TJIの材種を修正しました。 TJIの材寸を削除しました。

3)グリッドの追加/削除を行うと、応力図を印刷する通りがずれ不具合を修正しました。

4)耐力壁区画の入力中にプログラムが落ちる事があるのを修正しました。

5)その他、細かい修正も行っています。
2018年
3月7日
Ver5.50 r04 1)たて枠の設計 (一覧)出力の不具合を修正しました。「圧縮」「めり込み」の最大検定比に一般地域の「積雪時」多雪地域の「積雪時」「長期」が反映されていないのを修正しました。

2)[2.5. 分布せん断力の補正]で表ヘッダのLxi,Lyi の表記が逆なのを修正しました。

3)応力図のプリントアウトでフェイスモーメントの表示位置を修正しました。

4)床を種類別に塗りつぶす。にon/offスイッチを付加しました。
[オプション]:[環境の設定]:[略伏図・軸力図]:[荷重別塗りつぶし]
2017年
12月27日
Ver5.50 r03
1)jww下絵表示で、縮尺によっては正しく表示されないのを修正しました。

2)横架材の検定でマイナスの線荷重を無視する様に変更しました。従来はプラスとして加算。

3)布基礎の時の建物総重量を変更しました。
(a)「2.3.1. 建物荷重の算定」の∑Wi および、「3.9.1. 転倒の検討」の建物重量W(基礎自重を除く)
旧)束が受ける1階床荷重を除く重量(「2.3.1. 建物荷重の算定」より)
新)全ての重量 (「2.3.1. 建物荷重の算定」より)

(b)「3.8.2.布基礎の算定」の建物総重量
旧)束が受ける1階床荷重を除く重量(「2.3.1. 建物荷重の算定」より)
新)束が受ける荷重を除く重量 (「2.1. 鉛直軸力の算出」より)

4)べた基礎の時の建物総重量を変更しました。

5)5.5リファレンスを更新しました。

6)その他、細かい修正も行っています。
2017年
11月29日
Ver5.50 r02 1)耐力壁線区画を追加しました。

2)じん性の検討を追加しました。

3)梁の設計の一覧出力を追加しました。

4)壁の回転力を直交する梁でも考慮する様変更しました。

5)jwwファイルの下絵表示を追加しました。

6)子ウインドウをフリーに変更しました。

7)告示第1791号の部材検討(1.5倍)を個別計算に表記追加しました。

8)固定荷重の範囲の表示を追加しました。(略伏図の印刷)

9)外周の耐力壁長さの表示を追加しました。(耐力壁の算定の印刷)
2017年
9月7日
Ver5.00 r05(3) 1)同梱のKIZ-runが古いバージョンになっていました。最新版(1.90d7)に差し替えました。
2017年
7月12日
Ver5.00 r05 1)片持ち梁の上にダミー梁を置くとプログラムが落ちるのを修正しました。

2)「延べ床面積」、「建築面積」が出力されないのを修正しました。

3)1区画のポリ根太数が多いとプログラムが落ちるのを修正しました。

4)[たて枠の設計],[まぐさの設計]で個別のみ印刷すると、目次にページ番号が出力されないのを修正しました。

5)[たて枠の設計],[まぐさの設計]で個別出力が0だと、一覧表が出力されないのを修正しました。

6)[まぐさの設計]で,詳細計算でない場合も一覧表にめり込み判定が出力されるのを修正しました。
2016年
12月16日
Ver5.00 r04 1)耐力壁の新規入力時の金物を"1番"から"Auto" に変更しました。

2)たて枠の設計(一覧)で「圧縮」「めり込み」の値が「一般部長期」、「一般部短期」となっている不具合を「一般部最大」「壁端部最大」に変更しました。

3)まぐさの設計(一覧)で「鉛直時たわみ」の値が間違っているのを修正しました。たわみのエラー判定が正しくないのを修正しました。

4)目次、タイトルに「4.応力図」が抜けているのを修正しました。

5)まぐさの設計」の項目番号の間違いを訂正しました。 "3.2." ---> "3.3."
2016年
12月5日
Ver5.00 r03 1)計算書の出力に下記の概要書に関連する項目を追加しました。
・建物規模(延べ面積・建築面積 他)
・構造上の特徴(サンプル文)
・構造計算方針(サンプル文)
・適応する構造計算(計算チャート)

2)たて枠材・マグサ材の登録部材の「検定計算結果一覧表」を出力可能になりました。

3)接合部の設計一覧の「金物覧」に引き寄せ金物を表示できるようになりました。【引き抜き力略伏図に、使用する引き寄せ金物を出力出来ます。】

4)略伏図の壁のプロパティに「両端部金物設定」機能を追加し、引き抜き力略伏図に使用する引き寄せ金物を出力できるようになりました。

KIZ-sub2 Ver6.00 r16
1)KIZUKURI-2x4からのインポートを追加しました。

お問い合わせ

KIZUKURIに関するお問い合わせ窓口

新規購入・バージョンアップ、見積のご依頼、その他ご質問等はこちらよりお問い合わせください。

※申し訳ございませんが、電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
 お手数をお掛けしますが、下記フォームへのご入力をお願い致します。
 受付後、原則2営業日以内にご連絡させていただきます。
 ただし、内容や当社事由により、それ以上かかる場合もあります。