トップページ > 土木 > 製品・サービス > MARS Evo > 実行予算

原価管理システム MARS Second Edition

実行予算

マスター設定不要で即運用

膨大な量の単価マスター入力は不要です

一般的に原価管理システムは、運用前に単価や歩掛等の膨大なマスタ―入力が必要とされていますが、「MARS Evo」は事前準備が一切不要です。

運用前の準備に手間や時間をかけず、導入後は即座にご利用いただけます。

※「出面管理」を利用する場合は、労務台帳・機械台帳への登録が必要です。

単価マスタ―の登録は不要

積算データ連携で入力を省略

積算システム「ATLUS」のデータを活用

「MARS Evo」は当社の土木積算システム「ATLUS」の工事データと連携が可能です。

手計算では容易ではない「施工パッケージの機労材」も自動で算出でき、実行予算作成の効率化に大きく貢献します。

土木積算ソフト「ATLUS(アトラス)」とデータ連携積算システム「ATLUS REAL Evo」

実行予算作成の作業効率UP

工程を引くと日進量を自動で計算

「実行予算と工程表は同時に作成するもの」とよく言われます。 「MARS Evo」では工程を引くと、日進量や機労材明細毎の日当たり数量を自動算出しますので、工程を引きながら予算を作成する事ができます。

工程表工程を引いて素早く予算作成

計算例計算例

平代価/複合代価どちらの方式にも対応

使い慣れた手順で利用可能

工種全体ボリュームから必要な機労材を算出する「平代価方式」、会社や個人の基準を元にした基準数量あたりの歩掛を積み上げていく「複合代価方式」のどちらにも柔軟に対応しています。
使い慣れた手順を変える必要はなく、ご利用いただけます。

平代価方式平代価方式
複合代価方式複合代価方式

自社単価へ一括変換

実行予算で使用する単価は自社単価へ一括変換が可能です。

・設計単価の係数掛変換
・過去の予算単価での変換
・実際に購入した単価を取引先毎に参照して変換

自社単価へ変換単価一括変換

他工事のデータを共有・活用

属人化せず、知識の共有で生産性を向上

他工事の実行予算、日報データを部分的に参照し利用する事ができます。

例えば、ベテランが過去に作成した実行予算を参考にして、新人の方が実行予算を作成するというような活用も可能です。

自社単価へ変換